取得は楽ではない

自分の部屋 

日本は、諸外国に比べて土地への関心がかなり高く、売買や賃貸が盛んにおこなわれています。
また、土地を購入して家を建てるという人も多く、不動産関連の業務を行う会社や業者の数は世界有数となっています。
不動産を所有することになった時、第三者に対抗するためにほとんどの人が登記を行っています。
登記は必ずしなければならないものではありませんが、不動産は高額なのでトラブルに発展することも多く、正確な情報を記載してトラブルを防ぐというためにも登記は必要であると解されています。
登記をする際には、申請書にその不動産の詳細を記した測量図などを添付する必要があります。
この添付書類を作ってくれるのが土地家屋調査士という資格を持つ専門家です。
土地家屋調査士という資格は、日本国内ではなくてはならない資格の一つです。
土地家屋調査士は不動産の状態を明確に示すために、測量や様々な調査を行います。
そのため、かなりの専門的な知識が必要ということになります。
この資格の難易度はかなり高く、合格率が非常に低いということで有名です。
しかし、取得すれば確実に仕事があるということで、目指す人の数は増えています。
土地家屋調査士は、確実に必要な不動産の表示に関する登記を代理することができます。
不動産の登記については、司法書士が代理して行うことができると定められています。
そのため、書類だけを土地家屋調査士に作ってもらって、登記は司法書士にお願いするという人も多くいます。
この二つの資格はどちらも難易度が高いですが、両方の仕事ができると収入が上がるということで、療法取得しようとする人がいます。
しかし、気を付けなければならないのが、そこまで楽ではないということです。
司法書士は、法律に関する専門家ということで法学部出身の人がよく受験しています。
そのため、法律に関する知識はかなりあるのですが、土地家屋調査士はどちらかというと数学に関する分野が多く、その内容は相反しています。
そのため、受験の際には自分にできるかどうかをよく確認する必要があります。

オススメリンク

測量・登記のプロ

不動産に関連した国家資格には、さまざまな種類があります。有名…Read more

スクールが近道です

土地家屋調査士資格は国家資格です。土地家屋調査士の主な仕事内…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930