Beauty

古い歴史がある

メリットがあるので未だ使われています

水銀灯は、ガラス管の中に水銀蒸気を封入し、その水銀蒸気の中にアーク放電することで発光する電灯の一種です。その歴史は古く、20世紀前半から100年近く使用され続けてきた、歴史のある電灯でもあります。水銀灯は、とても明るいので体育館などの広くて高い天井が必要な場所で用いられます。また、寿命はおよそ12,000時間に達する割に価格が安いので、現在でも多くの場所で使用されています。電灯の多くは、近年では寿命が長くて安価なLEDを用いた電灯に置き換えられることも多くなりましたが、体育館でスポーツを行う場合などはLEDでは未だ明るさが足りないこともあるので、現在のところ水銀灯にとって代わるほどのLED電灯はまだありません。

水銀灯にはデメリットもありますが、現在でも使われ続けています

水銀灯は、圧倒的な照射力があるため、発明されてから100年近く経過した現在でも、多くの改良を経て使い続けられています。しかし、水銀灯は、その名の通りガラス管の中に水銀蒸気を封入している電灯なので、廃棄する際には適切な処置をとらなければ水銀汚染を引き起こす恐れがあります。また、使用時においても、スイッチを入れてから本来の明るさになるまでおよそ5分から10分程度必要です。更に水銀灯が発する光の中には、可視光線の他にも紫外線が含まれているため、人が活動するために使う電灯としては、あまり目に良いものではありません。 これらのデメリットがあるにも関わらず、現在でも水銀灯は使用されています。その理由は、LEDよりも明るい光を放つことができるため、特に工場の倉庫や体育館など、広い屋内空間を明るく照らす際に有効だからです。また、寿命もLEDの約40,000時間には及びませんが、およそ12,000時間と白熱電灯の寿命である約2,000時間よりもはるかに長い寿命があることも、現在に至るまで使われている理由の一つです。